早漏治療にトノスを利用する

早漏治療でトノスを亀頭に塗布するということで、刺激を抑制して挿入してからの時間を延ばすことができるとされているのですが、個人差があるので効果が実感できない場合には他の薬などを選ぶ必要があります早漏治療にトノスを利用することで、亀頭部を中心とするペニスへの性的刺激を少なくすることができるので、ある程度の刺激まで耐えることができます。
しかし性的な興奮を抑えることはできないので、性器以外への性的な刺激で射精をしてしまう場合の早漏治療に関してはトノスはあまり利用されていません。
早漏治療は基本的にはストレスなどで脳が弱っている状態を改善することが重要であるとされているので、SSRIなどを服用することで全身的な刺激に対しても過剰な反応をしなくなります。
また男性ホルモンの分泌がストレスなどによって衰えている場合にはトノスを陰嚢部分に塗布して、さらに男性ホルモン補充をすることで早漏治療をすることができます。
以前には早漏は亀頭が刺激に弱すぎることが原因であると考えられていたのですが、現在ではストレスや男性ホルモンの不足による脳の誤作動が原因であると判明しているので、ストレスによる不安などを抑えるために抗不安薬を服用したり、過剰な興奮を抑えるためのSSRIなどの精神薬を服用することが一般的になっています。
これらの薬を服用すると興奮状態を抑えることができるので、射精を遅らせることができます。
亀頭に塗布するタイプの薬剤は局所麻酔を使用しているので射精を遅らせることができますが、長期間の利用で粘膜が炎症を起こす可能性もあります。
また早漏治療はコンプレックスが大きいので薬局で直接手渡しされるのが恥ずかしいという場合もあります。