早漏治療や短小の改善に効く食べ物

男性の性に関する悩みは様々ですが、その中で早漏と短小は代表的な問題です。
特に、早漏の場合は自分だけの問題にとどまらないので、深刻化してしまうケースも起こりえます。
また、脳内で分泌される物質が原因の症状であり、悩むほど改善するのが難しくなってしまいます。

早漏は、不安やストレスに反応する物質が脳内に分泌されてしまい、交感神経が活性化することが原因となっています。
これにより、コントロールできなくなり、勃起してすぐに射精するという状態になってしまうのです。
一応の定義としては、膣内に挿入してから2分程度で射精することを言います。

このために、早漏治療ではこの原因物質を抑制する作用があるセロトニンという物質を重視しているケースが多く見られています。
セロトニンは、心のバランスを整える作用がある物質です。
このために、興奮してコントロールできない状態を鎮静化して、勃起から射精までにかかる時間を引き延ばします。

このために、セロトニンの濃度を一定に保つ作用がある治療薬の使用が早漏治療における現在のスタンダードです。
ただし、より自然な総量治療としてセロトニンの濃度を食べ物により保つという方法がありません。
これに効く食べ物としては、肉類や魚類、卵などのたんぱく質を含むものです。
そして、これらは早漏治療共に短小の改善に効く食べ物ということにもなります。

男性らしい体つきになるためには、ホルモンの働きを欠かすことは出来ません。
このために、栄養バランスがとれた食事を行うのが、短小の改善のために有効ということになります。
また、たんぱく質は筋肉の形成に必要な栄養素であり、男性性器の成長にも重要な役割を担っています。
このために、早漏治療としてだけではなく、短小を改善する為にも肉類や魚類などは効く食べ物ということになります。