陰茎と男性フェロモンの関係

男性も女性と同じで感覚が神経を通して脳に伝わるという面で共通していたりしますが、快感の種類は違ったりする傾向が強いです。
そして陰茎と男性フェロモンの関係は確かにありますが、陰茎の大きさなどは主に遺伝的な要素が関連されてくるわけです。
成長段階において、その部分が機能しなくなってしまったなどの原因で大きくならないなどのケースもあり得ますが、低身長ではなくて、ほかの部分も発達しているときにはホルモンの異常である可能性は低いです。
ただし、病的に小さかったりほかの機能に違和感がある際はホルモン異常を疑ったほうがいいのですが、解決策を探ってみるのがもっともです。
陰茎の大きさにコンプレックスを抱いているのであれば、一番はサプリメントの摂取や手術を受けることなどがすごく効果的です。
更に身体の血行をよくするのも陰茎を成長させるのを促しやすくなってきますが、温めると血行促進につながってくるのでいい具合に刺激を与えられてきて、その効果も期待しやすくなってくるといえます。
それ以外にも気になっている点がある場合は、病院で精密検査を受けてみるのも詳しいところが調べられますが、ホルモン的な意味でもわかりやすいです。